ネット保険比較ナビ

インターネットで保険を申し込む

メリットとデメリットは?

今ではインターネットなしに生活することが考えられないぐらい、インターネットは私達の生活において必需品となっています。インターネットが普及していなかった時代においては、実際にそのお店に足を運んで買う、電話帳などでその商品について調べるということが当たり前でした。しかし、現在ではインターネットが発達したことにより、商品を購入することも、商品についてリサーチすることも、クリック一つで可能になったのです。

保険もその一つに該当します。保険と言えば、かつてはセールスレディと呼ばれる保険の営業員の方がお客様の自宅に伺った上で保険が販売されていましたが、今ではインターネットに接続している環境さえあれば、すぐに保険に加入できるようになりました。ここでは、そんなネット保険について詳しく書かれています。

では、ネット保険が現代に普及した背景としては、どんなことが考えられるのでしょうか。もちろん、インターネットの普及だけではありません。真っ先に考えられるのは、1990年代に起きた金融自由化です。それによって損保が生保に乗り入れることが可能になり、また、保険代理店も、複数の会社の保険を販売できるようになりました。いわゆるセールスレディが活躍していた頃は、営業員が所属している会社の保険しか扱うことができなかったのですが、自由化によって、扱う保険会社の幅が広がったのです。

そして、自由化の波に押されて、2000年頃からは、街中で来店型の保険ショップを見かけるようになります。これまでは営業員が一方的に販売していたというイメージが強かった保険ですが、「保険とは、来店して自分の目で確かめるものであり、一方的にではなく、双方向のコミュニケーションをもって見識を高めるもの」という考えが浸透していきます。

金融自由化によって様々な商品が扱えるようになり、IT化によってインターネットが普及すると、沢山の保険会社がバリエーションに富んだ商品を販売するようになります。そうなると、一人でも多くの顧客を獲得するために、保険料の値下げ競争が始まります。また、リーマンショックをはじめとした不景気のあおりを受け、給料が激減したことにより、保険に対して高いお金をかけることが難しくなった人が多いことも考えられます。

このように、金融自由化、IT化、不景気といった経済状況の中で、「インターネット上でクリック一つで申し込め、且つ掛け金がリーズナブルな」ネット保険が誕生しました。ネット保険はまさに、現代社会を象徴している保険なのです。

Copyright (C) ネット保険比較ナビ All Rights Reserved.